四季のある日本では気密性が高い住宅が人気の理由

自然との一体感の住宅

一戸建て注文住宅を行なうエアパス工法で有名な建設会社に四季工房があり、木材を使用するため夏は涼しく、冬は暖かいのが特徴です。職人による手作りなため、自然との一体感を味わうことが出来ます。

不動産を買おう

不動産を購入するに当たって大切なことは、新築でも中古でも、価格が適正かというところにあります。十分な下調べを行なった上で不動産を選ぶ事が、失敗しないコツとも言えます。

電気を売れる賃貸物件

賃貸物件でも最近では自然エネルギーを取り入れた物件が登場しつつあり、中でも太陽光発電付きの賃貸はトレンドになっています。これら物件では発電した電気を個別売買することが出来、電気をまかなえる他、利益を生むことも可能です。

短期マンション

ウィークリーマンションと呼ばれるマンションは、短い期間から利用が出来るので旅行や出張にも広く利用されている宿泊施設の形態です。家具も揃っているため、すぐに生活を始めることが出来ます。

返済計画を考える

新築で住宅を立てる場合は、ローンを組むことになりますが、返済計画をしっかりと考えた上でローンを組む事が求められます。そのため中古を選ぶ方法もあり、双方のメリットを比較して選ぶ必要があります。

気密が住み心地を左右

住宅を建てるなら高気密住宅が良い

現在はいろいろな住宅建材や設備が開発され、昔にくらべて住宅のレベルがあがっている現状です。その中でも高気密住宅は一番注目された住宅です。 高気密住宅がなぜこれほど人気で、注目されているのかを書いていきます。現在日本は光熱費が高くなる傾向にありますが、高気密住宅を建てれば光熱費を安くおさえる事が可能になるのです。つまり夏涼しく冬暖かい住宅になるという事です。部屋の空気の流動性がすくないため、気温の維持が簡単になるのです。 こういった事により、電気やガスの使用量を少なくできるためエコな住宅としても注目されているのです。また高気密住宅は外の空気が入りこまないため、遮音性も高くなっているのです。日本のように狭い土地に住宅が建つ現在、遮音性の高い住宅は良いです。

高齢者にやさしい住宅

高気密住宅はペアガラスや二重窓などになっている事がほとんどで、窓の結露を防ぐことが可能です。また外の空気を内部にとりこまないため、部屋内部の結露も発生しないのです。 こういった結露が発生しないという事はカビやダニなどが少なくなるという事です。また住宅の構造体がいたまないため住宅を長持ちさせる事につながっているのです。現在日本は高齢化社会に突入しており、これから高齢者と一緒に暮らすという機会も増えている現状です。 そうした中、高気密住宅であればトイレや脱衣所で気温を一定にできるため、体に優しくショックをあたえる事がないのです。高齢者の住宅での危険ポイントは風呂やトイレといった場所であるため、そういった場所が安全になるという事は大切です。

↑ PAGE TOP